若者の自立支援 ~職場見学会のサポート~



こんにちは。谷謙太郎です。

早速ですが、フリースペースアリスの広場代表寄り道先生こと佐藤さんの言語録を配信させて頂きます。

:寄り道先生、こんにちは。
先日、職場見学会に行かれた若者T君のその後は如何ですか?

寄り道先生:少し疲れた様子でしたが、前向きな雰囲気を感じ取ったので、OKだと判断しております。

:それは良かったですね。3か月前からのサポートしてましたものね。

寄り道先生:そう3ヶ月前からでしたね。でも早い方です。
アリスの広場に来て下さる若者の場合大体6か月くらいかかります。
長期スパンで物事を考えていかないと逆効果になってしまう。

アリスの広場の若者の物差しは、今の社会常識で生活できる方が持つ物差しとは違うものです。

彼らに寄り添ってサポートをしてあげたいものです。

:そーゆーものですか?ところでT君、今後はどうするのですか?

寄り道先生:谷さん。その思考(物差し)はNGです。

その思考が出来れば、T君はアリスの広場にたぶん来ていない。

恐らく、彼はいまエネルギーがゼロの状態です。
これから彼のペースで時間をかけて充電していくとき。
充電が済むまでは見守らないと。

エネルギーゼロでは何も考えられませんよ。

少し歯がゆいかもしませんが、アリスの広場の若者と付き合うときは若者たちの物差しを尊重してあげてください。

:そうでした。
最終的には若者の自立。少し時間がかかっても確実に自立できる道を歩ませる。寄り道先生の持論の一つでした。

僕もT君を見守りたいと思います。

寄り道先生:宜しくお願いいたします。

◆皆様は如何でしょうか?若者の物差しに寄り添ってますか?
どうすればいいの?どう考えればいいの?
そんな答えはアリスの広場にあります。気軽にアリスの広場に来てくださいね。
お待ちしております。