美術部 ~回数を重ねて見えてきたこと。~


アート

こんにちは。谷謙太郎です。

早速ですが、フリースペースアリスの広場代表寄り道先生こと佐藤さんの言語録を配信させて頂きます。

:寄り道先生、こんにちは。先日の美術部は如何でしたか?

寄り道先生:はい、たくさんの若者が参加して下さりとてもにぎわいました。

:印象的だったことって何ですか?

寄り道先生:まだまだ手探りでの開催なのですが回を重ねて分かってきたこと、嬉しかったことがありました。

:何ですかそれは?

寄り道先生:美術部って一つの大きなテーブルを囲んで、各々創作活動をするんですが、一人だけその輪にから離れて創作活動に励んでいる方がいたのです。

その若者が今回、みんなの輪に入って創作をしていたんです。

一人で創作するのが悪いわけじゃないんですが、変化がみられるのって嬉しい。進展というのかな。

:なるほど。キッカケって本当に分からないものですが、こういう回数を重ねて花開くキッカケってあるんですね。

寄り道先生:そうそう。回数を重ねる事の大事さを知りました。
美術部もアリスの広場もまだまだ暗中模索中です。

継続することの大切さをその若者の後姿から学場させて頂きました。

:今度の美術部はいつですか?

寄り道先生:毎月一回、水曜日の午後からの開催です。
第4回目となる次回は7月19日(水)の予定です。

:寄り道先生これからもよろしくお願いします。

アリスの広場 美術部とは

文字通り美術部です。今は絵を中心に創作をしています。
美術に興味ある無し関係なく若者がおしゃべりをしたり
楽しみながらも熱心に取り組んでいます。
どうぞ、お気楽にご参加下さいね。