不登校は障がい持ち? ~安直に決めつけないで~


こんにちは。谷謙太郎です。

早速ですが、フリースペースアリスの広場代表寄り道先生こと佐藤さんの言語録を配信させて頂きます。

:寄り道先生、こんにちは。

寄り道先生:こんにちは。本日も宜しくお願いいたします。
ここ最近、気づいた事があるので僕からお話させて頂いてよろしいでしょうか?

:どうぞよろしくお願いいたします。(^^)/

寄り道先生:決して少なくない親御さんが勘違いしている事がある事に気づいたいのです。

:なんですか?

寄り道先生:「不登校=障がい」と考えてしまう親御さんが結構多いのです。

:なるほど。気持ちはわからなくもないですね。

寄り道先生:そうですね。でも違います。

初めに、あくまで私は医者ではないので専門的知識はありません。

ただ、中学1年から6年間、不登校、ひきこもりの体験者として、そして様々な若者たちとのやり取り
の中から感じたことを伝えます。

もちろん中には背景に発達障害などがある場合もあります。

そして、障がいと言っても様々なレベルがあります。

ただ、今までの経験上、本当に何かしら障害がある若者は極端にコミュニケーションが苦手だったり、
一か所にじっとしてられなかったりといったところがあります。

残念ながら不登校支援をうたっている方の中にも同じ認識を持っている人もいます。
そういう方の多くは自身は不登校やひきこもりの経験がない方です。

しかし、考えてください。

例えば大人でも職場に問題があったり、様々な理由で会社に行きたくない、やめるといった途端、
あなたは「障害がある」などと言われたらどう思うでしょうか。

その言われ方に傷ついたり、あるいは怒る方もいるのではないでしょうか。
そう感じるのは当たり前だと思います。

単純に「不登校=障がい」というのは安直であり、これにより傷つく若者もいるという事をまず考えてください。
しっかりとした認識を持っていただきたいものです。

そういう意味でも、お子様の様子が少しでもいつもと違う場合は、問い合わせいただきたいものですね。

:親御さんも忙しいかもしれませんが、初期対応って重要ですから、踏ん張って欲しいところですね。

寄り道先生:親の理解って本当に重要なんです。ぜひ初期の段階から相談頂きたいものです。